ホーム > 金融商品に係る勧誘方針

金融商品に係る勧誘方針


令和3年1月12日
文化産業信用組合


  1.  当組合は、「金融商品の販売等に関する法律」に基づき、次の事項を遵守し、お客さまの資産形成に相応しい金融商品・サービスを提供し続けるため、適正な勧誘を行ってまいります。


  1. 当組合は、投資信託やデリバティブ商品などのお客さまに元本割れとなる可能性のあるリスク商品の取扱いは行いません。
  2. お客さまの立場に立ち、お客さまの取引目的、知識、経験および資産状況に照らして、適正な情報の提供と商品の説明を行います。
  3. ご契約をいただくにあたっては、お客さまご自身の判断によってお決めいただきます。その際、当組合は、お客さまに適正な判断をしていただくために、商品の仕組・制度の内容など重要事項をわかりやすく丁寧に説明し、十分にご理解いただけるよう努めます。
  4. 当組合は、誠実かつ公正な勧誘を心掛け、断定的な判断や事実でない情報を提供するなど、お客さまの誤解を招くような不適切な勧誘は行いません。
  5. 当組合は、役職員が倫理観を高め法令等を遵守するとともに、適切な勧誘が行われるよう、研修の実施、各種資格取得等を奨励し、人材育成に努めます。
  6. 当組合は、お客さまにご迷惑をおかけする時間帯や場所、方法での勧誘は行いません。

以 上